FC2ブログ
温室日記 わた日記
 北国の大きな町の町はずれに,小さな学校がありました。 小さな学校の前庭には小さな温室がありました。
プロフィール

Daruma.

Author:Daruma.
温室日記にようこそ
綿花 わた栽培 コットン
連載を終了しました。
開始時からの順で掲載し,
タイトルに「わた日記」を
付け加えました。
今後の更新はありません。
コメントはお受けしています。


写真集『温室日記』オンライン版をご覧ください。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

来てくれた人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四つそろって

山に初雪の便りが聞こえ,温室のガラスに霜のつく朝もあります。
枯れ始めた株もありますが,コットンボールは少しずつ増え続けています。
高い位置についた実にも,はじけるものが出てきました。
これは,四つがそろってふくらみました。
スポンサーサイト
いっぽうこちらは

黒い種は「アメリカ種」のワタなのですが,こちらはひとつもはじけません。
今朝見ると,苞(ほう)が茶色くなって反り返ってきたものがあります。
もしかすると,はじける前ぶれなのかもしれません。

夜来の雨が登校のころ雪にかわりました。
温室脇のレモンバームも雪をかぶって寒そうです。

来週,アジア種のコットンボールを子ども達に摘み取ってもらいます。
アメリカ種は枝ごと刈り取って室内で乾燥させるとはじけるでしょうと,
師匠の花畑さんから知らせていただきました。
わた摘み

晴れわたった空に冷たい風が吹き,日中も気温がプラスになりません。冬の到来です。
高学年の子どもたちにワタを摘んでもらいました。
コットンボールだけを摘むのではなく,サクランボのように軸をつけて切りました。
およそ200個とれました。
みのり

たくさん穫れたコットンボールの半分は,カップに入れておみやげにしました。
綿繰り


コットンボールには種が埋まっています。種を取り除いてふかふかの綿にする作業
を綿繰( く )りというのですが,これがたいへんに根気のいる手作業です。
こんなにたくさんしてくれて,ありがとう。


アメリカ種


アメリカ種のほうは実が固いまま立ち枯れてしまい,もうだめかと思ったのですが,
刈り取って暖房が効いた教室に置いてみました。

乾燥が進んで,数日のうちにいくつかに割れがはいったものの,開ききらずそれまで
のようです。
たったひとつここまで開いてくれました。全体で5cm径ほど,アジア種よりひとまわり
大形です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。