FC2ブログ
温室日記 わた日記
 北国の大きな町の町はずれに,小さな学校がありました。 小さな学校の前庭には小さな温室がありました。
プロフィール

Daruma.

Author:Daruma.
温室日記にようこそ
綿花 わた栽培 コットン
連載を終了しました。
開始時からの順で掲載し,
タイトルに「わた日記」を
付け加えました。
今後の更新はありません。
コメントはお受けしています。


写真集『温室日記』オンライン版をご覧ください。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来てくれた人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背が伸びて


白い種の苗はずいぶん大きくなりました。左手前の育ち頭は,草丈が50cmほども
あります。
育ちぐあいには差がありますが,どれも葉がたくさん出ています。


スポンサーサイト
苞(ほう)

お師匠の花畑さんからメールが来ました。
「三角の袋(苞)は出てきていませんか」

あります。あります。マッチの頭ほどのとんがり帽子です。
苞(ほう)は葉が変形したもので,この中につぼみができます。

さあ,どんな花が咲くかな。
三つの手のひらで包むように

白い種の株にできはじめた苞(ほう)は,日に日に大きくなります。
3枚の葉が寄り合って,中のつぼみを大切に守っています。

さて,これはなにかな。
大きくなる苞(ほう)

これは,1cm角ほどの大きさです。通りかかったアリと比べてください。
いっぽう黒い種の苗は


こちらも少しずつ背がのびて,葉の数も増えています。
茎のてっぺんに丸まった新芽が見えますが,これが苞(ほう)になるものなのかは
まだわかりません。

ところで,よく通りかかるこのアリ,クロヤマアリかクロクサアリか,それとも
別な種類か,残念ながら見分けられません。体長は5mmくらいです。


苞の後ろ姿

苞は,付け根側から見るとこんなふうになっています。
いくつもの苞が

日曜に花畑さんが見に来てくださいました。 「順調に育っていて安心しました」
ありがとうございます。

白い種の仲間は,背が高いのもあまり高くないのも苞をつけています。
多いものでは6個もついています。
大きな苞は2.5cm角くらいになりました。中を開けて見てみたい気持ちに駆られます。
苞の中

まだ小さな苞で,先がすこし開いているのがありました。
のぞいてみましょう。

黒いつぶつぶのある丸いふくらみが見えます。つぼみです。
朝から昼寝


朝6時半,学校を開けるとき郵便受けの横にいました。
10時になってもまだいます。お昼になってもやっぱりいました。
『アオスジアオリンガ』,体長2cmほどの小さな蛾(が)です。
淡い緑色に端正な筋模様がきれいです。


支えの竹

背丈が50cmに届く株が増えて,どれもすっくりと立っているのですが,
これからつぼみや花がつくことを思うと茎の細さが心配です。
支えの竹を添わせました。
苞にも赤みが

何本か赤みのさしてきた株は,苞も赤く色づいて,いかにもたくましそうです。

もともとが乾燥した地域の植物ですから,水やりを控えめにしていきます。
さて,なにかな。
咲いた!!

朝から灰色の空におおわれて,しとしとと小雨が降り続いています。
ここ数日気温があまり高くないのを気にしながら,いつものように温室へ。

枯れて黄色くなった葉かなと近づいてみると,クリーム色の花びらが顔をだして
いました。白い種の仲間でいちばん先に大きく育っていた株に咲きました。
クリーム色


いちばんに咲いたひとつだけの花は,やわらかそうな薄い花びらを苞の中から
のぞかせています。今日中にもっと開いてくれるでしょう。


黒い種の仲間にも苞が


金曜に咲いた花は,その後大きく開くことなく,翌日にはしぼんでしまいました。
どんよりと曇って気温が上がらないままだったせいかもしれません。

いっぽう,黒い種の仲間もいちばん大きな株に苞がつきました。
まだ小さくて,1cm角くらいです。


黒い種の苞は

葉や茎ばかりでなく苞にも,細かい毛がたくさん生えています。
苞のへりには,固くはありませんがとげのように細くとがったものが並んでいます。
たいへんなことを






たいへんなことをしてしまいました。

先日花が咲いた株に,つぼみをのぞかせた苞がもうひとつあって,
こんど咲くのはこれだなあと思っていたのですが,
「ほら,これにつぼみが」とちょっと持ち上げたら,付け根からぽろっと取れて
しまったのです。

悲しくて,写真はありません。


こちらの苞も大きく

黒い種の仲間にも苞が増えてきました。
これは2cmほどになっています。
とげのように見えたのは,葉先が深く切れ込んで細くとがっているのがわかります。

細かな毛が陽射しに浮かんできれいです。
大きく開いた

晴天の暑い日が三日続き,昨夜は遅くに激しい雷雨となりました。風通しのために
温室を少し開けていたのが心配です。

朝になって行ってみると,四つ咲いていました。今度はきれいに開いています。
淡いクリーム色の花びらが外にカールして,5cmほどの大きさです。
どれも中くらいの背丈の株に咲きました。
オレンジ色の花粉


花の奥が濃いえんじ色で,オレンジ色の花粉をまとったおしべが白いめしべを
とりまいています。


赤みは花の周囲にも

茎や苞に赤みが強い株に咲いた花は,花びらの先にもその色がさしています。
花の奥のえんじ色が染みたようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。